あた丸
あし丸
ひざ丸
ミニ丸
手技台(準備中)

あた丸

頭の下に使用する枕です。
頭だけでなく、頚も同時に支えるので安定感があります。

従来の頭の枕では、頭全体や頚まで支える事が出来ず、頭のグラつき、頚や肩の緊張が避けられなかった問題がありました。そのため、カテ中の頭や頚の安定感を保つように、頭全体と頚を支えるあた丸を開発しました。

ラディ丸本体と同じ表皮のレザーを使用しています。

頭部が安定しているため頚静脈穿刺がしやすい体位が保持できます。患者様は頭部が後屈せずに自然な体勢で手技が受けられ、呼吸が苦しくなりません。また看護師も患者様の表情を観察しやすく、患者様に安心感を提供できます。

エコー室でもあた丸は活躍しています。患者様は安楽な体勢で検査を受けることができ、検査担当者も検査に集中できます。非侵襲的なエコー検査だからこそ、安楽な体勢にはこだわりたいものです。

1週間体験を申し込む

デモ機依頼書(PDF)のダウンロード

依頼書をFAXでお送りください

FAX:054-366-1738

あし丸

太ももから膝にかけて使用するクッションです。
長時間の手技でも安楽な体勢を提供できます。

長時間におよぶ症例では、同一体位による患者様の苦痛は計り知れません。あし丸を二枚使用することにより、より安楽な体勢が維持でき、踵部の除圧も可能になります。

本商品はオートクレーブ105℃対応。丸洗い・乾燥ができます。専用カバーも別途販売しております。

1週間体験を申し込む

デモ機依頼書(PDF)のダウンロード

依頼書をFAXでお送りください

FAX:054-366-1738

ひざ丸

膝の下に挿入して使用するクッションです。
膝痛・腰痛・円背の患者様だけでなく、膝下にクッションがあるだけで臥床時の安楽・安定感に差が出ます。

短時間の手技でも、快適に手技を受けて頂きたい思いから開発しました。膝下にクッションがあると臥床時の安定感と腰痛緩和効果が得られます。ひざ丸を挿入しても鼠径穿刺には影響が無い程度の厚みで作成しました。患者様が臥床後でも膝横から挿入しやすい形状になっています。

ラディ丸本体と同じ表皮のレザーを使用しています。

1週間体験を申し込む

デモ機依頼書(PDF)のダウンロード

依頼書をFAXでお送りください

FAX:054-366-1738

ミニ丸

採血や点滴確保時に使用するクッションです。
皮膚や血管の伸展を助け、どんな部位の血管でも刺しやすくなります。

採血や点滴確保は一発で決めたいもの。良い血管があっても、しっかりと皮膚と血管を伸展させ、穿刺部位を安定させないと、どんなに上手な人でも穿刺は失敗してしまいます。

臨床では、ストレッチャーやCT室、カテ台の上で穿刺することもしばしば。患者さんの血管を押さえるときに、硬い金属の上では患者さんは痛がり動いてしまいます。そこで、狭い場所でも使用できるように、またポケットにも入れて持ち運べるようにコンパクトな大きさにしました。

静脈確保だけでなく、動脈穿刺(Aライン穿刺)時にも、穿刺部位が安定するので穿刺のサポートになります。

ミニ丸は、適度な大きさでクッション性があるので、硬い物との接触時の痛みから患者さんを守る役割も果たせます。例えば骨密度測定時、患者さんの骨が金属に当たり痛みを感じ、撮影が中断してしまうことがありましたが、ミニ丸を使用してからは痛みを訴えることなく撮影することができるようになりました。

1週間体験を申し込む

デモ機依頼書(PDF)のダウンロード

依頼書をFAXでお送りください

FAX:054-366-1738

1週間体験を申し込む

デモ機依頼書(PDF)のダウンロード

依頼書をFAXでお送りください

FAX:054-366-1738